歯は一生もの、身近な歯医者も見つけておこう

>

身近な歯医者の必要性

歯のトラブルはいろいろ

まず、皆様も知っていると思いますが、虫歯といった歯のトラブルがあります。他にも、歯のトラブルは、様々あります。例えば、歯が欠けたり、折れたりすること、歯の根っこの先端に炎症が起こってしまう根尖性歯周炎、歯肉が腫れる歯肉炎などの歯周病、虫歯の進行による神経の炎症(歯髄炎)、また親知らずとそれによる歯の炎症があります。
特に、虫歯、歯周病に関しては、歯の痛みを伴ったり、歯を失う可能性を秘めています。歯の痛みだけならまだしも、特に歯を失うのは、今後の生活、特に食事に関してはかなり深刻な問題になります。
なるべく痛みをなくす、食事を楽しむようにするためにも、歯を磨くのはもちろん、定期的に診断しに行ける歯医者を探しておくのが吉でしょう。

歯のトラブルは、痛いだけじゃない

先ほど挙げた虫歯や歯周病などのトラブルは、痛みを伴い、かつ歯を損傷するものです。しかし歯のトラブルはそういったものだけでなく、人に対して影響を及ぼすものがあります。人によってはあまり身近でないかもしれませんが、口臭や歯の黄ばみなどがあります。
口臭や黄ばみついては、直接的に歯の健康状態に影響を及ぼすものではありませんが、生活をしていく上で、仕事をする上においては、あまり良いものとは言えません。人に良い印象をもってもらえず、仕事のチャンスを失うケース、人を不快にさせてしまい、人間関係がうまくいかなくなるケースもあります。
こうした場合にも、歯医者に行くべきであるが、こうした悩みは身近な歯医者がいないとなかなか相談できません。そのため、身近な歯医者を見つけておくべきだと考えます。



TOPへ戻る